市場をリードする企業が3Dプリント造形サービスを使用する理由

Shawn
Shawn

  3Dプリント技術は、既存の製造方法の設計制約を克服し、製品開発のコストと時間を削減できます。 また、多品種少量生産に対応でき、オーダーメイド型生産が可能なため、最近市場をリードする企業は積極的に3Dプリント技術を製品開発に導入しています。 しかし、3Dプリンターの構築費用とメンテナンスなどを考慮した時、3Dプリンターを直接運用するより3Dプリント造形サービスを活用する方がはるかに効率的だと申し上げたいと思います。

science-in-hd-ooNO0LlxZRM-unsplash.jpg

 

  世界3Dプリント市場規模でサービス部門が57.5%で装備、素材部門を合わせたものより影響力が大きいと話しています。 また、アメリカの有名リサーチ企業マーケットアンドマーケット社では、世界産業用3Dプリント市場展望報告書でサービス分野が毎年平均22%の市場成長率で最も活発に成長すると見込んでいます。 特にコロナ以後、非対面需要が製造分野まで広がり、いつどこでも必要な製品を製作できるオンライン3Dプリント造形サービスが注目されています。 というわけで、今日は3Dプリント造形サービスを活用することが、3Dプリンターを導入しようとする企業にどのようなメリットがあるのか詳しくお話ししたいと思います。

 

Frame 17.jpg

 

様々な装備と素材をサポート

3Dプリンターは方式や素材によって出力物の強度、精度、寸法安定性、摩耗性、耐衝撃性、耐化学性、耐熱性、耐油性、光透過性などが千差万別なので部品ごとに最適な方式を選択することが重要です。 だからといって複数の3Dプリンターを購入して多様な材料を取り扱い保管することは費用だけでなく管理することが絶対に容易ではありません。 しかし、3Dプリント造形サービスを利用する場合、部品ごとに最適な方式を選択することもでき、多様な素材を簡単に適用することができます。 強度や耐熱性に優れた素材、弾性のある素材、色を美しく表現できる素材など幅広い選択が可能です。 一方、3Dプリント技術は今も発展しています。 今後も新しい方式と素材が商用化されることは明らかですが、すでに購入してしまった3Dプリンターは最新技術や素材と互換できないため、厄介者に転落する可能性が高いです。

 

専門家のサポート

3Dプリンターで造形する際には、3Dプリント技術の特徴、素材の特性によって様々な制約条件があります。 したがって、3D設計モデルを用意したにもかかわらず造形できない場合がよく発生します。 例えば、製品の形状が3Dプリント造形方式に適しているか、厚さが薄すぎたり細くないか、設計意図や出力目的が反映されるのに適した素材であるかなどです。 さらに3Dプリンター出力物の表面処理や塗装、メッキなどの仕上げ加工部分はまだ専門人材のノウハウが必要です。 そして産業用3Dプリンターの安全管理は想像以上にややこしいことさえあります。 3Dプリンターに対する豊富な知識と経験を持つ専門家なしには、高価な産業用3Dプリンターを購入しても希望する結果が得られない不祥事が発生することもあります。 しかし、お客様から提供された3D設計モデルを熟練した専門家が出力して伝達するサービスである3Dプリント造形サービスを利用すれば、3Dプリンター専門家は設計モデルの検討から生産、配送までお客様が満足できるようにお客様のニーズに柔軟に対応して支援します。 その過程で提供した3D設計モデルの生産可能性はもちろん、出力目的と設計意図が反映されるのか、より適切な素材があるのか、費用的に改善可能な点はないのかなど、専門家でなければ不可能な製造コンサルティングまで期待できます。

 

3D프린터 출력 서비스 장점.jpg

 

オンデマンド製造サービスクレロを利用すれば365日24時間、いつでもどこでも多様な3Dプリント生産工程と素材を素早く簡単に利用することができます。 クレロの製造エンジニアは、差別化された技術力と経験を基に製造経験の成功を提供し、最適な技術実現のために絶えず研究しています。 製造、これ以上迷わず、今すぐクレロにお問い合わせください!

 


Creallo.jpg
製造がくて簡単になります。